読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インドネシア語について

インドネシア語の特徴


インドネシア共和国は、面積が日本の約5倍、人口は約2.4億人、宗教はイスラム教87%
キリスト教9% ヒンズー教2% です。約15000の群島からなり、そのうち、6000の島に人が住んでいます。インドネシアは、昔は中近東の影響を受け、その後、オランダの植民地、戦争により日本等の影響を受け、その後、アメリカの影響を色濃くしています。
特にバリ島は、多くの日本人が毎年、観光に出かけていますね。
インドネシア語は、多少とも、できれば、極論すれば、2.4億人と話が,できます。
スペルは、英語のABCを使用し、文法が英語とよく似ていてS・V・O形式です。
動詞、形容詞、名詞等に接頭辞、接尾辞を付けるのが特徴と言えます。

インドネシア語はアラビア、オランダ、アメリカの影響を強く受けています。詳細は、市販の学習書を参考にして下さい。
  
1 Saya  orang Jepang  サヤ オラン ジュパング ほぼ、ローマ字読みです。
        私   人  日本 私は、日本人です。
2 Orang Hutan  オラン フタン 森の人=オランウータン
  人   森
3.Saya   sudah  belajar   bahasa   Indonesia   di  universitas 
     サヤ  スダ ブラジャール バハーサ インドネシア ディ ウニベルタス
  私  過去形 勉強する   言葉     (英語のat)で     大学

       私は大学でインドネシア語を勉強した。


  **universitasはオランダ語より派生、sekolahも同じでスコラ 学校です。
  ご参考までにインドネシア語の小説の画像を添付します。

f:id:ishimal:20161211135759j:plain