読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NHK連続テレビ小説 「朝が来た」の現実の歴史の紹介

「朝が来た」の時代背景

 

NHKでは、このドラマについて下記の説明があります。

今の世の中には、もうじき新しい朝が来ます。うちは……新しい商いをしたいと思うております。京都の豪商の家に生まれ、おてんば娘に育ったヒロイン・あさ。しとやかで優しい姉のはつ。ふたりは生まれた時から結婚相手が決まっていた。それぞれ大阪で一、二を争う両替屋に嫁ぐものの、明治維新の荒波にのまれ、はつの嫁ぎ先は倒産。あさの嫁ぎ先もやがて蔵の中は空っぽに。しかし、あさは「気前のいいボンボン」の夫に代わって商いを学び、持ち前の前向きさで多くの人の助けを得ながら事業を成功させていく。激動の幕末から明治・大正時代の大阪で、「いまより少しでも皆が幸せな世の中の実現」のため時代に先駆け、銀行・生命保険会社・日本初の女子大学の設立に尽力した白岡あさの感動の物語。平成27年度後期連続テレビ小説を完全ノベライズ!

明治維新を乗り越え、嫁ぎ先の家業を立て直したヒロイン・白岡あさ。夫の愛情や家族の理解に支えられ、あさは実業家として成長し、炭坑や銀行など新しい事業に乗り出す。一方、姉のはつは一家で和歌山へ移り、みかん農家として再出発していた。やがてあさは、「女子の大学校設立」というさらなる目標に向かっていく

現実の世界は、下記のHPに説明・解説がありますので、

これをみて頂くとドラマの世界「朝が来た」も、再評価されると思います。

ドラマと現実のパノラマが見れます。

history.sojitz.com

kajimaya-asako.daido-life.co.jp

以上

人権に関する件

ずっと前に新聞に人権に関する広告記事を見ました。この人権に関する詩に非常に感動しました。この詩を書いた人も知りたいのですが、まだ見つけていません。

この詩をファイルとして添付しますので、一度、読んで見てください。

世界に通じる非常に良い詩だと思って居ります。いずれ、世界の各国語に翻訳して

紹介したいと思って居ります。まず、英語から出発したいと思って居ります。

以上

f:id:ishimal:20161128230300j:plain

貿易実務書の紹介の件

船会社・銀行・商社等に勤める人の必携書

この本は、貿易・物流等に従事する人には、非常に参考になります。この本に匹敵する本は、今後、出版されることは、ないように思われます。関心ある人は、一度は、是非読んで頂きたい。

  著者名:
石原伸志 著
ISBN:
978-4-425-93072-2
発行年月日:
2015-02-03
サイズ/頁数:
B5判 488頁
価格(本体価格)
9,504円 (8,800円) 

f:id:ishimal:20161125003827j:plain

続きを読む

海外技術研修生の件

現在、いろいろな国から日本へ技術研修生が来ており、トラブルも起きているやに聞いております。困ったことですね。小生も学生の時、アルバイトで海外技術研修生と
苦楽を共にしました。特に発展途上国と言われたアジア、アフリカ、中近東、南米等より多くの研修生が日本へきていました。3か月ぐらい、日本語を勉強した後、トヨタ村田製作所神戸製鋼所などの大手・中堅企業の工場に技術実習に行っていました。
少し古いのですが、アルバイト先の本が出版されていますので、その本を紹介させて頂ます。技術研修生をお世話している人達の参考になれば、良いと思います。
  書名:国際協力の現場から見たアジアと日本
     経済技術交流の50年
  著者:久保田誠一
  出版社:スリーエーネットワーク  本体:¥1300(税別) 
 

 f:id:ishimal:20161110001158j:plain